イベント情報

2014年
6月20日~7月20日
第35回護摩堂山 あじさいまつり

イベント当日は出店やあじさい写真撮影会、田上甚句太鼓保存会による護摩堂太鼓披露など楽しい催しが盛りだくさんです。

なお、当日は近くの駐車場が不足する為、田上町役場を臨時駐車場として解放し、シャトルバスが運行されます。(AM10:00~PM03:30 15分間隔)

会場:護摩堂山登山口駐車場、山頂あじさい園

湯田上周辺のイベント情報

4月上旬 田上うめまつり(田上町)

<写真提供:田上町役場>

 毎年ウメの開花に合わせて行われるウメまつり。田上町は県内有数の梅の産地です。

会場となる田上町梅林公園内には、紅梅・白梅・しだれ梅が、隣接した梅畑の小粒な田上名産の「越の梅」が合わせて、2000本咲き誇ります。

4月上旬~4月下旬 雪椿まつり(加茂市)
昭和41年に雪椿が「新潟の木」に指定されたことをきっかけに、昭和42年から始まった雪椿まつり。毎年4月に加茂山公園で開催されます。

ミス雪椿コンテストやパレード、苗木市など様々な行事が行われます。

また、会場となる加茂山公園では、4月中旬頃から雪椿と桜を一緒に楽しむことができます。

4月第3日曜日 分水おいらん道中(燕市)
大正13年頃から花の時期に催されていた町の有志による仮装行列が起源とされています。

豪華な衣装に身を包み、高さ15cmもある高下駄を履き、総勢70名にも及ぶ付き人を従え、独特の外八文字の歩き方を披露する様子は「越後の夢道中」と言われています。

現在では「おいらん役」「付き人」ともに一般公募になり、おいらん役にいたっては全国から100名を超える応募が集まるほどの人気です。

4月29日 護摩堂山 山開き(田上町)

 

<写真提供:田上町役場>

護摩堂山登山者の安全祈願のご祈祷や湯田上名物の「竹の子・山菜汁」の販売を行います。

田上甚句太鼓保存会による演奏などがあります

6月上旬の5日間 白根大凧合戦(新潟市)
江戸時代の中頃、白根町の人が中ノ口川の堤防の改修工事の完成を祝って、藩主から贈られた凧を揚げたところ、対岸の西白根に落ち、家や農作物を荒らしたことに怒った西白根の人が対抗して凧を揚げて白根町側に叩きつけたことから始まったと伝えられる歴史ある伝統行事。

毎年6月上旬の土日をはさんだ5日間に旧白根市、旧味方村で開催される大凧合戦。中ノ口川の凧見橋と白根橋の両岸から畳24枚分のある大凧を掲げ、東軍(旧白根市)と西軍(旧味方村)に分かれて戦います。

土手の観覧席 500円/観覧船 無料です。土手での観戦は凧が落ちてきたりと危険なので要注意です。

6月中旬~ 護摩堂山 あじさいまつり
 

イベント当日は出店やあじさい写真撮影会、田上甚句太鼓保存会による護摩堂太鼓披露など楽しい催しが盛りだくさんです。

なお、当日は近くの駐車場が不足する為、田上町役場を臨時駐車場として解放し、シャトルバスが運行されます。(AM10:00~PM03:30 15分間隔)

8月1日~3日 長岡まつり
メインイベントと言えば8月2、3日の2日間にわたって行われる花火。

三尺玉、ナイヤガラ大スターマイン、火山の噴火のような超大型スターマインなど2日間で約2万発が打ち上げられます。

8月下旬 新潟まつり(新潟市)
新潟のシンボル万代橋を中心に東中通から駅前までの通りを約30,000人もの参加者で埋め尽くす民謡流し。飛び入り参加もOKですのでぜひ参加してみて下さい。

大玉こそありませんが、約一万二千発の打ち上げ花火も見ごたえがあります。

11月3日 田上町産業まつり(田上町)
田上町の農業・商工業者が一同に会し、当日限りのお買い得品や先着1,000名様に抽選券を差し上げます。
11月1日~24日 弥彦 菊まつり(弥彦村)
新潟県菊花展覧会、通称「弥彦菊まつり」は大菊、中菊、古典菊、小菊など6,000鉢もの菊花が展示され「日本一」と称賛されている菊花展です。毎年テーマがかわる大風景花壇は3万本の菊花で造られていています。